水害を経て保険を減らす

某保険代理店の人から聞いた話しです。

 

今年の夏前に、西日本で豪雨がありましたね。

想像を超える水量で、被害を受けた人や建物は数え切れない程です。

普通の人は、「豪雨で周りが被害を受けた。自分も被害にあったら困るから保険を掛けておかなきゃ」となりますよね。

でも、とあるビルオーナーは、この災害のあと、水害保障を外したそうです。

何故かと言うと、そのオーナーの建物は、この類まれなる豪雨でも、被害がなかったそうです。

このような豪雨を超える被害が出ることは今後当面ないだろうと考え、むしろ、自分のビルの立地は水害を受けない立地であるため保険は不要と判断したそうです。

水は、同じようなところを通りますからね。

 

 

 

リスクマネジメントの一つのあり方ですね。

この判断が正しいかどうかは神のみぞ知るところですが、事業で大成する人は、やはり常人とは考え方が違うのものだと思った次第です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です